上野金次郎の創業によって、グループの源流誕生

1869年(明治2年)~

幕末という時代の転換期。それまで一漁村すぎなかった横浜は、瞬く間に外国人が3,000人も住み暮らす国際貿易都市に変貌した。

明治維新とともに発展してきた横浜は、外国の商館がひしめく貿易の中心地となる。その横浜に1869年(明治2年)、後の上野運輸グループの源流となる、船荷取扱所兼旅人宿「丸井屋」が、吉田町野毛橋(現都橋)のたもとに誕生した。

海岸通りから横浜港全景を望む

明治10年代の横浜駅付近

創業者である上野金次郎は伊予国宇摩郡上野村(現愛媛県宇摩郡土居町)の出身。幕末期に神奈川台場で湾岸警備にあたっていたのが伊予松山藩だった。自然と横浜の繁栄ぶりが伝聞し、それがきっかけとなったのか、金次郎は伊予松山藩がおこなった台場工事に参加している。肌で横浜の新しい息吹を感じた金次郎は一度帰郷した後、再び横浜へ――。事業への先見の明があった金次郎ならではの選択であった。

丸井屋の事業は房総沿岸との交易物資の取り次ぎ、船乗りや船客の宿泊宿の経営であった。当時、急激に増えた横浜の人口をまかなうために、食料品などの生活物資は五大力船という帆船で房総から運んでいた。創業当初の丸井屋は乗船客相手の宿であったが、金次郎は増大する生活物資輸送に着目し、帆船問屋を始めた。やがて横浜を軸に東京湾内、駿遠、三陸まで事業を拡大していくことになる。

積極的で人望厚い金次郎は、しだいに船荷取扱業務の依頼を着実に増やしていった。さらに吉田町他21カ町合同で設立された「旅館下宿業組合」の組合長に選ばれるなど、金次郎は事業の拡大だけに止まらず横浜の発展にも貢献したのである。

Close