HOME 〉環境・安全への取り組み 〉陸運事業の取り組み(安全関連)

陸運事業の取り組み(安全関連)

混油事故「ゼロ」継続の取組み

  • 一般車輌への混油防止装置導入拡大
  • バーコード作業ログチェック強化(エクソンモービル車輌)
  • 荷役パトロール強化
  • CPS作業ログ解析システムの導入

漏油事故「ゼロ」に向けて

  • 定期的な車両の点検及びローリー架装部(ポンプ等)の点検強化
  • 荷卸金具の定期点検
  • 吸着マット完全使用の徹底

誤配送「ゼロ」に向けて

  • 始業点呼時に管理者と乗務員による配送先相互確認

物損事故「ゼロ」に向けて

  • SS店長懇談会にてコミュニケーション強化
  • 誘導の依頼要請
  • 後退時のカラーコーン設置
  • バックアイカメラの導入

交通事故「ゼロ」に向けて

  • ドライブレコーダーの全車両導入・走行管理
  • デジタコ解析

協力会社との安全情報共有化

  • 安全会議の定例共同開催
  • 事業所訪問(安全指導)

USDS制度の完全実施

USDSとはUyeno Safety Driver Standards 「上野乗務員登録制度」の略です。新人乗務員にとっては単独乗務開始前の必須条件となり、一般乗務員に対しても年1回の資格審査受審・更新を義務づけています。

社内・協力会社を問わず、乗務員に対し、当社が運行するローリーへの乗務には一定の技能・知識水準を求め、基準以上の乗務員のみを登録し、乗務を認めています。

AAA乗務員育成研修

USDS制度の下で、各乗務員は「C」「B」「A」「AA」「AAA」にクラス分けされます。

Uyeno Safety Academy カリキュラム

Uyeno Safety Academy は東日本上野輸送(株)川崎事業所構内に模擬給油所、模擬積込設備、研修室等を設置し、2003年9月に開設された乗務員訓練・研修施設です。 2003年10月には、従来の「合宿研修」に替え、当該施設を使った「AAA」資格者育成研修を2回、計21名の「AA」乗務員を対象に実施しました。

模擬積込設備

模擬荷卸設備

車輌安全機器の積極導入

  • デジタコの全車装着
  • ドライブレコーダーの全車装着
  • バックアイカメラの装着拡大
TOP