Vision

「ロジスティックス・プロフェッショナル」として、私たちがめざすもの

上野グループのミッション

エネルギー関連の輸送、貯蔵、販売、環境保全において、高度な技術と高品質のサービスを提供することにより、社会の発展に広く貢献し、世界の先進的な企業グループをめざす。

「ガソリンスタンドに行けば、必ず給油ができる」というのは、日本ではほとんど常識で当たり前のこと。東日本大震災の直後はその常識が覆されたことから大混乱が生じたわけですが、しかし、世界には、それが“当たり前”ではない国や地域がたくさんあります。
適正な価格で、滞りなく原油を輸入し、災害などの不測の事態を考慮して十分な量を備蓄し、最新鋭の製油所で効率よく精製して、ガソリンをはじめとする様々な石油製品をつくり、安全に、そしてタイムリーにユーザーのもとへ届ける——。こうした一連の機能(サプライチェーン)が円滑に、そして合理的に機能してはじめて、私たちは「必要な時に、必要なだけ」貴重なエネルギーを手に入れることができます。
 逆に言えば、このサプライチェーンのどの部分でもうまく機能しなければ、たちまち、国民生活に重大な影響を及ぼしかねません。

上野グループは、そうした石油製品の安定供給体制の一角としての社会的責任をしっかりと果たすべく、全国規模のネットワーク力を駆使しつつ、「海上輸送」「陸上輸送」「貯蔵」「海上防災」などからなる業界トップレベルの総合物流体制を確立しています。
私たちは、これまで培ってきた高度な技術力と高品質のサービス力をさらに向上させ、お客様とのパートナーシップをより深化させていく一方で、「エネルギーの総合物流企業」として、太陽光発電をはじめとする新分野への挑戦などと併せて、エネルギーのさらなる安定供給体制の構築に貢献していきたいと考えています。